「羨ましい」 1 ~嫁と姑~ - メンタルセラピー & セラピスト養成

全国どこでもマンツーマン指導。あなたの人生の花を開かせます。

「羨ましい」 1 ~嫁と姑~

2016/01/31

今回は「羨ましい」1 ~嫁と姑~

 

「息子の嫁が出産。産後、子供を自分の実家に預け、仕事復帰する嫁がうらやましい」
という相談です。

 

隣の芝生は青く見える、という例えがあります。
こういったケースも良くあることです。
表面上は「お嫁さんが羨ましい」ということなのですが、
何故羨ましいのか、が問題となります。

 

この方の背景は・・・
・旦那さんとは仲が良い
・専業主婦だった
・自分は、母親も忙しく子供たちを実家に預けられなかった・・・等々。

いくつかの要因はあるのですが、
まず、お嫁さんが生き生きとして育児も仕事もしていて羨ましい、
ということが考えられます。

 

次に、「羨ましい」という観点から観ていきましょう。
お嫁さんが羨ましくなるのはどうして?と突き詰めていくと、
お嫁さんがご実家に子供を預けている、ということが
「羨ましい」になっていたのです。
「自分は預けられなかった」ということが根本原因でした。
預けられない、ということが、母親に受け入れて貰えない・・・という思いに
繋がっていたのです。

 

いくつになっても親は親、子供は子供。
生きていく中での影響は大きい。

このケースでは、

母親に愛されていない、認めて貰えていない、という根本の感情があり、

お嫁さんが母親に愛されて羨ましい、という羨ましさだったのです。

 

表面上の感情と根本の理由。
根本が解ると、羨ましいという感情に引きづられる事はなくなっていくのです。

 

斎藤さちよ

ページの先頭へ