心理 人の本音と建前 - メンタルセラピー & セラピスト養成

全国どこでもマンツーマン指導。あなたの人生の花を開かせます。

心理 人の本音と建前

「承認」2 ~後だし~

「承認」2 ~後だし~会議で意見を出し合う時に何も言わず、結果が出たり、その件で出来事が起きてから「自分もそう思っていた」という方いますよね。後だしじゃんけんのように。特に思うような結果にならなかった時ほど「違う方が良いと思ったんだ」等々。だったら先に言って、と思わず周りの人は思ってしまう・・・。表立って言えないのは、自分の意見が間違っていたら・・・周りに意見に乗ればとりあえずは良い・・・などと思っていることもあります。そういう方の根底には、「自分は正しい」「自分は解っている」というような承認欲求が隠されているのですが、根本的に自分に自信がない、でも認めてほしい気持ちは強い、という心理です。少

「承認」1 ~人のせい~

「承認」1 ~人のせい~ 出来事があった時、ミスをした時、何でも人のせいにする方いますよね。「でも、○○がそうしたから」「でも、みんながこうだったから」等々。 「でも」という言葉。自分を正当化し、周りのせいにしてしまう・・・。自分の出来ることは得意げにアピールし、出来ないことは人のせいにしてしまう。褒めてもらいたい、認めてもらいたい思いが人一倍強いのです。承認欲求。 自分が傷つきたくない、それを認めたら負けてしまう、というような思いが無意識にあることは多いです。言い訳は、周りからの信頼をどんどん失ってしまう、ということに気が付かないのです。自分にしかベクトルが向い

「恐れ」2 ~枠を壊す~

「恐れ」2 ~枠を壊す~ ・新しい事をしようと思う時・今のレベル以上の事を求められた時等々、一歩の勇気がでない時ありませんか?トライしたい気持ちと、やっぱり止めよう、という気持ちで揺れる・・・。 止めよう、という気持ちは、変化をしたくない、そしてその奥には、自分の枠を壊すことに対する「恐れ」があることは多いです。自分の枠を壊す。それはある意味、自分の可能性を広げていくことになるのですが、人は若干心地が悪くても、それを痛みの心地よさとし、変わらないことを選ぶことは多いです。変わらない安心感。 そのままで良ければ良いのですが、自分の気持ちのなかでいつまでも悶々としてし

「恐れ」1 ~ 自惚れ~

「恐れ」1 ~自惚れ~ いつも時間に遅れる、いつも約束を破る、横柄な態度で接する、等々。もしそういう方が身近にいたとしたならば、その方は相手の方を大切に思わない、相手を尊重できない方なのです。ある意味、自惚れ傾向にある方、という見方もできるのです。 他者と自分の優劣を比較する事で自分の価値や存在意義を見出し、等身大の自分以上に「自分は出来る」と思い込んでいて、常に優越感を感じていたい心理があります。 等身大の自分を見られない時、根底には「恐れ」があるケースは多いです。「自分は出来る」「誰より解っている」「特別な人間」というふうに、自分の中に特別意識を持っているので

「挫折」1 ~決めたことが継続出来ない時~

「挫折」1 ~決めたことが継続出来ない時~ 決めたことが継続出来ない時、ありますよね。それは、自分に対する甘さ等もありますが・・・ ひとつには、行動することによって傷つきたくない、という心理も大きく影響しています。決めて行動するのですが、上手くいかないとすぐ止めてしまう・・・客観的に見ていると、動ききれていないとか、まだまだ他の動き方があるのに止めてしまう。 そこまで追及することなく諦める場合。自身が「これ以上動いてダメだったら・・・」と思ったり、「本当に大丈夫かな」と思ったり。そこには、これ以上傷つきたくない、という思いが働いていることは多いです。自分に対する信
ページの先頭へ